お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

2019年 経営塾アドバンスコース第1回 開催レポート

ベーシックでの学びを仕組み化し、
更に強い医院を目指す!
どんなトラブルにも負けない歯科医院とは!?
2019年経営塾アドバンスコース

歯科医院地域一番実践経営塾 アドバンス第1回 開催レポート


今年も、地域一番実践会の中でもトップクラスの医院が集まる、経営塾アドバンスコースがスタートしました。

全2回コースのこのセミナーは、全国から日本トップクラスの医院の院長、院長夫人、幹部スタッフが集まります。
もちろん、幹部ではないスタッフの方もいらっしゃいますが、そのレベルは他のセミナーに比べ、格段に高い方ばかりです。


そんなメンバーがチームを組み、それぞれの課題を明確にしながら、経営者目線を持って取組んでいくのがこのセミナーです。

全国からトップクラスの医院が集まることもあり、入場直後から、あちこちで名刺交換や医院の近況報告、悩み相談などが行われていました。これが、経営塾がただの勉強会とは違う点の一つです。講義だけでなく、こうした出会い、交流によって問題が解決し、新しいモデルが見つかっていくのも実践会の大きな魅力だと思っています。

第1講座


経営塾アドバンスコース第一回、第一講座は「Drの採用・教育・育成」です。
歯科医院経営に取り組み、順調に医院が成長していくと、Drが一人では足りなくなっていきます。そうなると、必然的にDrの採用、教育、育成が課題になってきます。しかし、行き当たりばったりでおこなったDrの採用、教育、育成はほとんどうまくいきません。たまたま良いDrが、たまたま優秀に育つケースもあるかもしれません。しかし、安定した採用、教育、育成を実現しなければ、本当に強い歯科医院になることはできません。
その安定のために、まず採用をしなければ始まりません。その採用のための具体的な方法とは?
そしてせっかく採用ができても、教育、育成をしなければ、医院に悪影響を与えるDrになりかねません。またはすぐに退職になってしまうかもしれません。そうならないためにも、しっかりとしたカリキュラムの準備、明確な面談の日程、積極的に院長自身が新人Drと関わりを持っていくことが重要になります


Dr教育とは、院長先生がやるべき重要な業務です。というより、院長でないとできない業務なのです。だからこそ、綿密な準備と、慎重におこなっていく必要がある項目になります。それらの具体的な事例を、じっくりとお伝えさせていただきました。

強い組織の要素として、安定した採用、教育、育成は絶対条件です。これらの取り組みはすぐに効果の出るものではありません。しかし、今から取組んでおかなければならない、第2領域であることは間違いありません。これらの実践を着実に医院に落とし込み、未来の医院のための取り組みを進めていってください!!

第2講座


アドバンス第1回のゲスト講師は医療法人社団 健誠会 理事長 高木 健一 先生です。

高木先生のお話は、まず、『人を見た目で判断していませんか?』という問いかけからスタートしました。高木先生もかなりインパクトのある見た目で、講演でもサングラスをかけた状態。しかし、その風貌は、スライドの内容の意味付けとして説明されていきます。

高木先生は現在6つの歯科医院を経営し、多くの分院展開を成功されています。その成功の裏には、勤務医時代からの貪欲な学ぶ姿勢がありました。

勤務医時代、勤め先の歯科医院の理事長に交渉し、医院の屋根裏に部屋をつくってもらい、そこから最短で出勤することで、徹底的に学べる環境を作っていました。そしてとにかく成功者のやっていることをコピーし、自身が成功するために必要なことを徹底的に取組んでいきました。

そんな中で先生が学んだ経営のポイントが、『採用』でした。
組織の成長において、『採用』は非常に重要な要素です。その採用を担う上で、「単に見た目だけ」、「自分の好みと合わないだけ」といった理由で人を選んでいては、大きな組織を作り上げることはできません。


その人物の優秀な部分を見抜き、徹底したあり方教育、カリキュラムを施し、医院に大きく貢献できる人材を育てていく。アドバンスクラスの院長に必要なそういった力をどのようにして磨いていくのかをじっくりとお話いただきました。

ポイントは仕組みづくりです。しかし、その仕組みを継続するためには、院長のためだけの仕組みでは意味がありません。医院のための仕組み、つまり、働いている人達みんなが満足する仕組みをいかに継続させるかが重要なのです。

このようなポイントをおさえた具体的な実践がたくさん紹介されています。ぜひ、みなさんの医院でも取り入れていただき、これからの医院拡大に活かしてみてください!

第3講座


第三講座は、経営者がこれからの組織の将来を考えるために必要となる、中長期経営計画についてお伝えしました。

アドバンスコースにご参加の医院の場合、これから医院、そして院長先生の人生をどうしていくのか、そういったことを考えることも多くなっていきます。医院拡大、分院展開、継承、譲渡などなど・・・自分自身が最終的に医院をどうしていきたいかということを見据えていかなければいけません。

しかし、日々の診療、医院経営をやっていると、なかなかそのようなことをじっくり考える暇がありません。しかし、この中長期的経営計画とは、まさに第二領域であり、緊急でないが重要なことの代表格です。今のうちにじっくりと時間をかけて決めておかなければいけません。


10年後、

どのような医院にしていたいのか

どのような規模にしていたいのか

自分自身はどのようなライフスタイルを手にしていたいのか

家族にはどのような環境を用意しておきたいのか


などなど・・・これらを明確に決めておき、達成するために必要なことと不必要なことを判断し、実行していくことが経営者にとって重要なポイントになります。現状がうまくいっているアドバンスコース参加医院では、経営について油断しがちです。しかし、これからの目標をしっかりと定めて取り組みを続けていってください。そうした備えが、これからのみなさんの医院の発展に確実に影響を及ぼしていくはずです。

懇親会


セミナー後、経営塾アドバンスコースの懇親会が開かれました。今年もたくさんのゲストの方々にご参加いただき、貴重な情報交換、チームでの打ち合わせ、悩み相談など、この場でしか味わうことのできない貴重な時間となりました。


そして、今回も弊社コンサルタントの経営相談会が無料にて開催されています。こちらも活用していただくことで、医院の活性化に直結していきます。

以上で第1回は終了となります。

今年も宿題はもちろん、チームでの取り組みが復活しています。次回までにたくさんの実践に取り組み、さらにパワーアップしたアドバンスコースをみなさんで作り上げていきましょう!!

top