お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

~文章力UPセミナー、フロー研修、マーケティングの仕組化~ 歯科医院地域一番実践経営塾アドバンスコース2011年 第3回開催レポート

「文章力UPセミナー、フロー研修、マーケティングの仕組化」ボリューム満点、撮影なしのアドバンス第3回とは!? アドバンスコース第3回 開催レポート

経営塾アドバンスコース第3回は1年間で唯一の「正会員とDVD会員が一同に会する機会」です。このチャンスに全国から多くの院長先生、院長夫人、スタッフの方々が集まりました。

また、久しぶりに再会するメンバーなども多く、会場は終始、和やかな雰囲気に包まれていました。私としても、懐かしいメンバーが多く、その後の医院の成長や様子を聞くのがとても楽しかったです。

しかも、今年のアドバンス第3回は

  • 文章力UPセミナー
  • フロー研修
  • マーケティングの仕組化

と非常に盛りだくさんの充実した内容で、参加者の満足度も非常に高かったです。

第1講座


いよいよ第1講座のスタートです。
私は「文章力UPセミナー」を行いました。

もう5年以上前からお伝えしていますが、これから伸びる先生と伸びない先生を分ける決定的ない要因となるのが「文章力の差」です。

既に、Googleでも、ページ数が多いサイト、文章量が多いサイトが上位表示にも有利に働いてきています。

また、きちんと書けるということは様々なメリットがあります。

  • 自分が伝えたいことをしっかりまとめるという論理的思考能力が身につく
  • 伝えたいことが頭の中でまとまることで、相手に口頭で伝える力が身につく
  • 伝える力がつくことによって、スタッフのやる気を引き出すことができるようになる
  • スタッフの力を引き出すことができると、一人ではできなかったことができるようになる
  • 文章でも伝える力がつくことで、新患、自費患者さんを獲得できるようになる

このように文章力がない先生はいつまで経っても、自分ひとりの力で頑張り続けなければいけなくなってしまうのです。その限界を打ち破り、地域一番医院を作り、組織化し、安定化させるために文章力は欠かせないのです。

そして、この講座では岩渕がこれまで培ってきた文章力習得の秘策をお伝えしました。その秘策を身につけるための「文章力UPシート」を全員にCD-Rに入れてお渡ししました。

この「文章力UPシート」に沿って、どんどん文章を作成していけば、間違いなく、文章力が身につきます。そして、昨年よりも、経営塾に継続参加している先生の文章力が確実に上がっています。

そして、その先生はほぼ確実にこの文章力UPシートを活用している先生なのです。
あなたも文章力をマスターしていきたいと思うのであれば、是非、アドバンスコース第3回の「文章力UPセミナー」にご参加ください。

第2講座


アドバンス第3回のゲスト講師、一人目は株式会社エミネクロス 代表取締役 辻秀一先生です。

辻先生はあの30万部超の大ヒットを記録した『スラムダンク勝利学』の著者であり、内科医でもありながら、今では応用スポーツ心理学をベースに様々なスポーツチーム、スポーツ選手のメンタルサポートをされていらっしゃいます。

辻先生は「フロー」という概念を提唱されていて、どうやったら自分をフローに傾かせることができるかということを数多くの方に伝えていらっしゃいます。

実は、私も昨年から辻先生のワークショップに参加しており、既に一番上のコースまで修了しました。しかし、そうはいっても、まだまだフローが自分ごととして身についているかというと、そこまではいっていません。

「そんなに難しいんだったら、意味がないんじゃないか」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

私はフローの考え方は非常に歯科医院の院長先生に受け入れやすいものだと感じています。
そして、自分自身を自分でフロー化させることができれば、もっと治療のパフォーマンスも向上し、患者様への説明も分かりやすくなり、もっと笑顔で患者様に接することができ、もっと笑顔で機嫌よくスタッフにも接することができるようになるのです。

今までは私も含め、スタッフがミスをすれば機嫌が悪くなり、何か良いことがあれば機嫌が良くなるという自分で自分の機嫌をとるのではなく、環境・結果・他人という自分ではコントロールできない外部の要因によって振り回されてきました。

そうすると、常に機嫌の浮き沈みが激しくなり、それによってパフォーマンスの浮き沈みも激しくなってくるのです。

この浮き沈みをなくし、常に自分のパフォーマンスを高く維持できるようにするのがフローの考え方なのです。

興味が出てきませんか?
興味がある方は辻先生のワークショップに参加してみてください。

第3講座


アドバンス第3回のゲスト講師2人目は、日本経営教育研究所 株式会社 代表取締役 石原明さんです。

石原先生は著書『営業マンは断ることを覚えなさい!』で一気に有名になり、今でも会員制のコンサルティングを続けていらっしゃいます。

石原先生は元トップセールスマンだったにもかかわらず、物腰や話し方がとっても柔和なのです。その優しい話し方とは裏腹に、話の内容はマーケティングの仕組み化についてしっかりと掘り下げたお話をしてくださいました。

普通の歯科医院が患者さんをどうやって集めるかという既存の枠組みの中だけでものを考えるのではなく、根本的な業態、スタイルを変えるということを考えてみてはどうかというご提案を講演の中でもいただきました。

今回の講演でもしかしたら、既存の歯科医院という枠に捉われない新たなスタイルの歯科医院が登場することになるかもしれません。

「歯科医院地域一番経営塾アドバンスコース」第3回に
参加した方の感想文

上記のような濃密な時間をすごした参加者ですが、まだ参加したことがない方からすれば、「それで実際に参加者はどう思ったの?」「本当はどう思ってるの?」と思われてる方もいらっしゃると思います。

ですので、実際に参加した方の感想文をほんの一部ではありますが、ご紹介します。

長野県 あるが歯科クリニック 院長 有賀 正治 先生

辻先生のフローのお話を聞いて、いつも自分の感情をコントロールする必要があることを再認識出来ました。また、石原先生のマーケティングのお話は、明日からの私たちのクリニックづくりに役立てそうです。ありがとうございます。

東京都 かわすみ歯科 河角 小夜子 先生

目からうろこの講演でした。自分なりに消化して、実践したいと考えています。感謝でいっぱいです。

愛知県 医)志朋会 やまむら歯科 マネージャー 渥美 貴浩 様

よく文章を書くポジションなので、今回のセミナーも大変勉強になりました。マーケティングに関しては、根本がわかり、今後の医院の方向性が見えたので、良かったです。今色々な部分で質を上げていこうと思っているので、引き続き頑張ります。

愛知県 医)志朋会 やまむら歯科 チーフ、ドリームプロデューサー 三鬼 明香 様 様

今回も非常に為になるお話、ありがとうございました。第1講座の岩渕さんの文章力UPについては、伝達力と文章力は比例するとおっしゃっていましたが、まさに今、後輩スタッフの育成やTCとしてカウンセリングに必要不可欠なことだと思いました。伝達力が問われる今の私にとって、辻先生のフロー化はすごくリンクしました。そして、とらわれることが日常多くて、パフォーマンスの低下を感じていましたので、すごく聞けて感謝しています。マーケティングやマネジメントって、経営者がバランスを取るものだと思っていましたが、私に今出来ることは?と過去の自分にもとらわれず最高!パフォーマンスをキープして、信念を確立していきたい、与える人、与えられる人になりたいと思いました。ありがとうございました。

愛媛県 医)丸尾歯科 理事 丸尾 睦子 様

本日は、貴重なお話をたくさん聞かせていただき、本当にありがとうございました。久しぶりにセミナーに参加させていただき、モチベーションもUPしました。今取り組んでいる課題。新人スタッフ(TC)の月に4回の研修や、衛生士学校の学生アルバイトの定着と奨学金制、スタッフの面接・・・にも前向きに取り組んでいきたいと思います。たくさんのヒントをありがとうございました。

大阪府 石井歯科医院 院長 石井 和雄 先生

今回のセミナーは、いつにも増して内容が濃く、充実していて素晴らしかったです。岩渕先生の「文章の書き方」、辻先生の「フロースキル」、石原先生の「マーケティング」、いずれも話を聞いて終わりではなく、これから毎日考え、実行していくことばかりなので、また楽しみが増えました。ありがとうございます。

大阪府 上杉歯科 上杉 良太 先生

普段、疑問に思っていたことが、色々クリアになった。経営だけでなく人間的にも成長できるコンテンツだと感じた。

神奈川県 吉田歯科クリニック チーフ 中山 美恵子 様

辻先生のお話は、とても楽しく引き込まれるようで、中でも自分に置き換えると自分が常にノンフローな状態にいるのだということが分かり、少しショックでしたが、今後意識をして、フローな状態を常に作れるようにしたいと思いました。是非、本を全部読みたいです。石原先生の本、とってもおもしろかったです。

歯科医院地域一番実践経営塾2011アドバンスについて詳しくはこちら