お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

医社)青葉会 かさはら歯科医院 理事長 笠原 一規 先生

7医院 スタッフ70名

宮城県仙台市で開業されている医療法人社団 青葉会 かさはら歯科医院様は、代表の岩渕が前職で立ち上げた経営塾に、2001年から参加されています。そして翌2002年から岩渕のコンサルティングを開始し、実に15年以上も継続的にコンサルティングを実施。
2017年現在、仙台市内を中心に7つの医院を展開され、月間の医業収入は5千万円、スタッフ総数70名、ユニット40台という日本最大級の医院へと成長されています。

コンサルティングを導入する前の医院の状況、困っていたこと

岩渕さんの初めての経営塾に参加したのは、確か2001年だったと思うんです。そして、2002年から岩渕さんのコンサルタントを受けました。
その時の医院の状況は、チェアが4台、スタッフ数が6~7人くらい、患者さんは1日60人くらい来ていたように思います。
ちょうど僕が32歳でして、その時に自分が10年後に病院数を10医院という目標を作っていたので、医院を大きくするために必要なものというものを考えていた時期でもありました。
その時岩渕さんに相談をして、まず最初にやることとして評価制度を作るのはいかがだろうかという提案を受けたのを覚えています。医院はまだ本当にスタッフも少なくて、当時は特に主任という役の人もいなく、医院自体の方向性もまだバラバラだったように思っています。

コンサルティングを導入したきっかけ

経営塾に参加して岩渕さんと色々な話をする中で、歳も多分ですが僕にだいぶ近いと思うんですが、やっぱり歳が近くて考え方も非常に自分と合うなというのも思いましたし、この人とだったら一緒にやっていけるんじゃないかなと思ったのが一番のきっかけです。
その次は人事評価制度を一緒に作り上げることによって医院自体がもっともっと大きくできるんではないかなと思ったのがきっかけでした。

コンサルティングを導入して良かったこと

今までは経営者として一人で悩んで、ほとんどは一人で考え一人で決断をし、一人で結果はまた出てくるというようなパターンだったのですが、やっぱりそこに一人とても気のおけない人を置くことによって自分一人ではないんだという心強い気持ちになったのを覚えています。

医院の成長につながるような提案はありましたか?

今のかさはら歯科医院もとより、医療法人社団の青葉会の成長は岩渕さんと一緒に歩いてきた結果が全てではないかなと思っています。
もしも岩渕さんがいなかったらきっと今のような形にはなれなかったのではないかなと今も思っています。内容でいえば評価制度を基に新人スタッフも入ってきますし、それを基にスタッフも成長するので、とても良い結果になっています。
また、今では当たり前なTCの制度であったりカウンセリングの制度であったり、そういったものも一緒に考え、そして一緒によくできたのではないかなと思っています。
ホームページも岩渕さんと一緒に考えそして岩渕さんと一緒に作り、患者さんも多く来てくれるきっかけとなり、また私自身のこともホームページ上で理解して患者さんも来てくれるので、とても診療もやりやすい状況になったかなと思っています。

ほかのコンサルティング会社との違いを教えてください

僕は岩渕さんと2002年から15年ぐらいずっと続いているわけですが、他のコンサルティング会社の人とも話もしたことがありますし、少し途中に一緒にやった時期もありました。
一番の違いは岩渕さんが、まあ僕にそう思わせてくれる岩渕さんがすごいと思うんですが、本当に僕のことをよく考えてくれて本当に僕の為に親身になってくれていると自分自身が思うくらいの関係なんではないかと思っています。

コンサルティングを導入によるスタッフの変化

スタッフにとってやっていないものを初めて医院に導入するというのが一番大変で、そしてトップの人が一番心を決めないといけない瞬間なのではないかと思います。
ただコンサルタントを入れたからといって病院が良くなる(訳ではい)、手法というものがあればある程度は良くなるとは思うのですが、ただの手法だけではやっぱり長続きはしません。
病院もずっとずっと良くなるというのは難しいと思っています。そのためにまずは大変なことがあるということを理解して、それでも諦めない気持ちを持ってやることが一番大事なのではないかなと僕自身は思っていました。

コンサルティングを導入による数値面の変化

2001年の頃は1ヶ月の売上が大体600万くらいだったのが、今は全7医院で月5千万くらい、患者さんの数も1日60人くらいだったのが現在は300~350人の間ぐらいの患者さんが来ています。
また、チェア数は当時ユニットが4台から始まったのが、今現在7医院で40台の規模になっています。

コンサルティングを導入によるご自身の変化・成長

成長面っていうことでいえば、まずは岩渕さんと知り合うことによって多くの日本全国で有名な先生方ともお友達になり、色んな付き合いをすることもできて、自分の知識や見識も広がったと思います。
精神面が僕にとっても一番大事なのではないかなと思うんですが、やっぱりチェアが4台、患者さんが60人来ていた頃は自分自身も一生懸命やらなければいけないし、スタッフにもこうでなければいけないと思って大分厳しく接していた時期もあるんですが、今は大分落ち着いて穏やかな気持ちでスタッフや患者さんに接することが出来ているんじゃないかなと思っています。

今後の医院のビジョン

今、病院数が7医院、スタッフの数が70人という規模まできました。今は一つ一つの医院をしっかりすることがまず第一ですし、その時期でもあると思っています。
また、スタッフの数も増えてくるようであれば、医院の数も増やしていきたいなと思っています。

 

コンサルティング導入を検討されている先生にアドバイス

僕が岩渕さんと付き合っていることは多くの先生方も知っていますので、たまには聞かれるんですね。その時は、ただ岩渕さんがいるからだけで良くなるという風には思ってはいけないと。やっぱり先生自身がそのやり方にいいなと思ってもらって、そのやり方を実直にやってもらえれば必ずうまくいくのではないかなと思っています。是非ですね、まずは話し合いをして、コンサルを入れるのであればそのコンサルを入れる方の色んな角度から見て、この人だったら一緒にやっていけるという思える人と付き合って頂ければ良くなるのではないかなと思っています。

top