お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

新人スタッフ育成塾2017 開催レポート

自分を成長させ、
輝くスタッフが生まれる
新人スタッフ育成塾2017開催!!

新人スタッフ育成塾 開催レポート

大阪会場

ついに弊社の新人スタッフ育成塾も10周年を迎えました。
内容は毎年参加者のアンケートに合わせて徐々に変更をしていき、10年前の開催よりもさらに奥深い内容となっています。特徴的な変化としては講義のみではなく、お互いの意見を交換する相互演習の場がかなり増えているという点です。講師だけでなく同じ年代のスタッフと話し合うことによって仕事観を高めています。

今年もまた全国各地から有望な新人スタッフがご参加しています。ここにしかない一期一会の出会いが発生。北は北海道、南は沖縄まで多くの志高いスタッフが一堂に集まります。今年は過去最高の人数が参加しています。

東京会場

人数が増えてもクオリティを変えないためにもグループワークを中心とした講義形式をとっております。今回は東京会場190名、大阪会場183名、合計373名の新人スタッフが集まりました。

コミュニケーション、モチベーション、時間・目標管理、など新人が一年目に知っておくべき内容を具体的な事例、手法を通じて伝えていきます。

講師であるコンサルタントの萩原自身も新人時代には歯科助手として現場研修を受けています。さらにTC育成塾の講師の事前準備としても現場研修を受けています。合計1ヵ月程度の歯科助手経験があるからこそ、ただのあり方だけでなく、スタッフが感じることが理解できます。

初回から多くの新人スタッフが自分のすべき実践に関してメモをしていました。きっと勤めている歯科医院に大きな影響を与えることでしょう。提出される宿題が今からとても楽しみです。

第1講座

演習時の意見共有は全員が積極的に行います。

歯科界の現状を知っている新人スタッフはどれぐらいいるでしょうか。

ほとんどの新人スタッフは歯科業界がどのようになっており、今後どうなっていくかを知りません。

院長先生がなぜ自分の医院を向上するためにそんなに努力をしているのか。

背景には大きく変化する歯科業界の現状があるのです。

この部分を把握しないで歯科医院において努力をすることは難しいです。つい自分のことを中心に考えてしまい、
「なぜそのようなことをしないといけないのか」
「忙しいから他の医院に転職しようかな」
などと考えてしまうのです。他に行っても状態は変わりません。忙しくないところはキャリアステップも見えてこないため、いつか行き詰まってしまいます。

ただ、重要なことは新人スタッフが事実を知らない“だけ”なのです。

講義を進めていくうちにスタッフからは
「だから院長先生はこんなに頑張っているのか」
「確かに患者様に認められる歯科医院、歯科医院のスタッフでないとだめだ。」
という声が聞こえるようになってきます。

しかしまたここで問題が発生します。

笑顔の絶えない時間が過ぎていきます。

努力をしないといけないのはわかったが何をしたらよいかわからないのです。
その努力の方向性を具体的な行動ベースで伝えることこそ「新人スタッフ育成塾の魅力」でもあると思います。新人スタッフだからこそできる行動がたくさんあるのです。
例えば、元気な挨拶や診療補助の際の声掛け、導入時の笑顔など。

何事も最初が肝心です。最初に悪い癖がついてしまうとどんなに良いスタッフであっても変わることは難しいです。入社してから半年以内にどれだけ良い癖をつけられるかが成長の鍵になります。
そして、ただ講師の話を聞くだけでなく周囲の新人スタッフと共有していくことができるのが新人スタッフ育成塾。それぞれが自分で実践してみようと思うことを共有できます。人が感じることは様々なので意見交換による新たな気づきが発生しています。

第2講座

第2講座は昨年度の新人スタッフ育成塾に参加をして、MVPを受賞した新人スタッフが講義をしてくれました。

大阪会場では愛知県名古屋市ご開業のたなか歯科クリニック 歯科助手・管理栄養士の加藤 実沙子さんがお話をしてくれました。
「学生と社会人の違い」や「失敗は成功のエサである」ことをわかりやすくお話してくれました。加藤さんは管理栄養士という有資格者であるにも関わらず歯科医院に入ったことを一時期悩んだこともあるようです。ただ、その中でも自分の目の前にある“やるべきこと”に全力で取り組むことに意識しました。

自分のやるべきこと、与えられたことをやって、できることが増える。
できることをやっていくと、やりたいことが見つかる。
やりたいことをやっていくと、自分にしかできないことが見つかる。
まさにその通りだと感じました。
特に新人の時代はやるべきことがたくさんあります。一方で新人スタッフはやりたい仕事に目を向けます。この違いがモチベ―ションコントロールを難しくするのです。
自分がどのように物事を捉えるかによって事実は無数となります。
今自分にできることは何なのか振り返る素晴らしいご講演となりました。

コツコツと努力をすることが次の道につながることを証明してくれました。
東京会場では愛知県岡崎市ご開業のすまいる歯科 歯科衛生士の内藤 まり子さんにお話しいただきました。内藤まりこさんは第一回目の受講時は普通の受講者でしたが2回目以降に実践事例を読み漁り、そこから一気に加速してMVPになったスタッフです。
内藤さんは「人は変われる」ということをテーマにお話をしてくれました。
MVPを獲った内藤さんですが性格は争いごとを避けるタイプで誰かと勝負したり、できないことにチャレンジをするタイプではありませんでした。しかし新人スタッフ育成塾を通じて内藤さんの行動は徐々に変わっていきました。

内藤さんは学んだことを本当に素直に行動しており、行動を重ねるたびに成長をしていきました。新人スタッフ育成塾の回を重ねるごとに内藤さんの宿題レベルや積極性も高まり、気づけば東京会場を牽引するような影響力を持つようになりました。
超一流を目指すためには超一流になるための行動を積み重ねる。
毎年の超一流を更新していく。
そんな気持ちが実践に出ていたと思います。

具体的な宿題の提出内容、提出方法は多くの新人スタッフの参考になったと思います。
一年前、萩原の前で話を聞いていた新人スタッフが翌年には150人以上の前で話しているのは本当にすごいことです。圧倒的な努力と準備がなせる業ですね。

講演終了後には多数のスタッフが列をなして、名刺交換をしていました。

第3講座

第3講座では「仕事観」に関してお話をさせて頂きました。
学生から社会人になって、改めて仕事とは何であるか考える時間はほとんどありません。
仕事は何のためにしているのか。
この問いを自分にしていくことがとても重要なのです。仕事は決してお金の為だけでなく、仕事から得られる喜びややりがいのためでもあります。そうでなければ職種のこだわりや歯科医院で働く意義を見つけられません。
すぐに辞めてしまう方は仕事観がないから辞めてしまうのです。
ましてや歯科医院で提供するのは医療行為です。提供する内容の質によって患者様の人生が大きく左右されます。
何のために仕事をしていくのか、改めて理解する必要があります。
新人であっても、ベテランであっても制服を着ていれば患者様から見たら全員がプロに見えるのです。医院の看板でもあります。そのスタッフの行動の主軸となるのは考え方、意識です。
その考え方、意識を整える必要があります。整え方にもコツがあります。
それは、どう考えていけばよいか「ポイントを抑える」ことです。

考え方、意識を整える際のポイントを抑えることができれば大きくぶれることがありません。ポイントを抑えずになんとなく日々を送ってしまうと困難にぶつかった際に必ずぶれます。
成長するスタッフには必ず軸があります。
その軸がぶれることはありません。大変なことが多いからこそ軸を捉えて、迷ったときは立ち戻れる原点・仕事観が必要なのです。
仕事観を高めていく行動は他医院で実際に行っていることを中心にお伝えをしていきます。実践する内容はそんなに難しい内容でもありません。当たり前のことを当たり前に行うだけです。しかし、継続することが難しいのです。
その点、新人スタッフ育成塾は4ヵ月にわたり、同じような悩みを抱えているスタッフと目標や悩みを共有していくため、どう継続していくかを考えることができるのです。
この4ヶ月で多くの方が変化をしていきます。第一回目の参加時とは見違えるほどに成長するスタッフも出てきます。
今年もどんなスタッフが誕生するか!?

またレポートでセミナー詳細を共有していきます。お楽しみにしていてください。

2017年歯科医院新人スタッフ育成塾に参加された皆様の感想文

大阪会場

岐阜県 医)ハッピースマイル りお歯科クリニック 歯科助手 宮田 華歩 様

萩原さんのお話やゲスト講師の加藤さんの話から、自分のレベルの違いを強く実感しました。私がまず出来ることは、感謝の気持ちを形にすることだと思うので、何かしていただいたことや、アドバイスされたこと、注意を受けたことなど、いつでも感謝できる機会は与えられていると思うので、感謝の気持ちを心の中で想っているだけでなく、言葉にして伝えていきたいと感じました。また、1日10分~15分でもいいので、自分の時間をブロックして知識を得るために教わったことを復習したり、本を読んだりしていきたいですし、技術を上げるためにも診療時間外を上手く活用して練習していきたいと思いました。

大阪府 医)輝笑会 いちき歯科 受付 笠脇 夕貴 様

自分が仕事をしていく上で、どうなりたいのか。現状、自分が出来ていること、出来ていないことを再確認しました。気づきの多い時間でした。この育成塾で私が学びたいことは、「人生の半分以上の時間を費やす仕事に対して、どうしたらいつまでも楽しめるか。」です。仕事が好き!!と笑顔で言えて、患者様、スタッフから愛される人になりたいです。とにかく、今すぐ私が実践できることは、毎日笑顔で、ぐち、弱音を吐かない、素直になる、です。意識を持って取り組んでいきます。次回も宜しくお願い致します。

京都府 嵯峨嵐山たかふじ歯科医院 歯科助手 清水 朋美 様

今回セミナーに参加させていただき、とても貴重なお話を聞けたことを本当に良かったと思います。私はこの仕事が大好きで、ずっと続けていきたいと思っております。ただ、日々の診療で患者様とのコミュニケーションに悩むことが多々あります。その度に、自分では・・・と思うことが多かったのですが、今回のセミナーで患者様との最初のコミュニケーションから得る情報をもっと大切にし、積極的に会話をしていくことがその方と仲良くなる近道だと知りましたので、自分からどんどん相手に話しかけ知っていこうと思いました。その方の顔見知りになれば、また来て頂けると思いますのでもっと情報を入れるようにしていきたいと思います。

京都府 医社)翔志会 たけち歯科クリニック ドクターマネージャー 川口 真実 様

セミナーを受け、医院で院長が大切にしているもの、よくスタッフにお話される内容と近いものがあり、今まで以上に自分の仕事観、知識、技術、考え方を確立することができました。特に「ハッ!」と気づきがあったことは“ヒューマンスキル”です。「技術が高ければそれでOKという訳ではない。当たり前のことを当たり前にやることが非常に大切、当たり前の事を大事にしよう」ということを忘れていました。慣れが出てきて物を大事に出来ていなかったり、患者様が見てないし いっか。といった甘えが出ていたことに気づき反省しました。お金も道具も天から与えられるわけではないので、物を大切にヒューマンスキルを高めていきたいです。

東京会場

山形県 医)さとう歯科医院 受付・歯科助手 伊藤 華奈様

自分・スタッフ、医院長、患者様のためにもっともっと頑張って成長していきたいと思いました。自分は今受付業務をしているのですが、電話応対やアポの管理、診療室の中をしっかりと把握して一つ一つの仕事を丁寧にしていきたいと思います。自分はたまにマイナス言葉を使ってしまうことがあるので、プラスの言葉を意識して、周りの人たちに良い影響を与えられるような人間になっていきたいです。患者様に寄り添った受付対応ができるように、患者様がここに通いたいと思ってくれるようにしていきます!

神奈川県 むさし歯科医院 歯科助手、管理栄養士 平野 あゆみ様

4月から新入社員として働き始めましたが、毎日いっぱいいっぱいで一日があっという間に過ぎ充実した毎日を過ごしています。しかし、今回のセミナーを受けて、まだまだ出来ることがたくさんあると思いました。新人だからこそ出来ることをたくさん見つけられたので、明日からすぐに実践していきたいと思います。出来ることが限られるので、まずは任された仕事を最後まで全力で取り組むようにしていきたいです。また、患者様と関わるほんのすこしの時間でも、最高の笑顔と声掛けを意識して“ここの医院に来て良かったな”と思ってもらえるようなきっかけとなる助手さんになれるよう、努力していきたいです。今回は貴重なお話をありがとうございました。

沖縄県 医)豊良会 モリヤデンタルオフィス 受付 嘉数 美香様

今回のセミナーに参加して、萩原さんのお話とゲスト講師の内藤さんのお話を聞けてとても自分の為になりました。今の自分に出来る事を明日から実践していこうと思うのですが・・・。まずは実践事例を読み込む事から始めていこうと思います。それから、やってみたい!出来そう!な事を選んでやってきたいなと思いました!素直な自分になって何かをアドバイスをもらったり言われてもプラス思考になって実践していくのと「ありがとう」の言葉を忘れずに心がけて明日から仕事していきます。

top