お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

2019年度 チェア3台でも自費率70%セミナー 開催レポート

飛躍的に自費率向上させる方法!
チェア3台でも自費率70%セミナー」が
開催されました!!

2019年度「チェア3台でも自費率70%セミナー」開催レポート

今年初めて開催することになった「チェア3台でも自費率70%セミナー」

医院全体の自費率を向上させる為に、今まで弊社でもスーパーTC育成塾を2009年より開催してまいりました。TCを医院で育成することにより、一定の自費率を向上させる仕組みを医院一体で構築できている医院も多く存在していることと思います。


しかしながら、より自費率や医業収入を向上させるためには、院長先生自らが行うコンサルの質を高める事が何よりも重要です。

ですが、実際に多くの院長先生のお話を伺うと、
・院長コンサルの成約率が低い
・そもそも分析自体も行っていない
・何が原因で、どう改善するべきなのかという事がほとんど理解できていない
・臨床には力を入れているが、患者様があまり納得してくれない
このようにお悩みの先生が多くいらっしゃるにも関わらず、そのノウハウを知る機会がないというお声を伺い、今回初めて院長向けの自費率アップを目的としたセミナーを開催致しました。


カウンセリングにおいては、院長が行うにしても、スタッフが行うにしても大切なのが「型」を作るという事です。
この「型」があるかないかで結果は大きく異なってくるのです。しかしながら、多くの院長コンサルを伺うと、ほとんど「型」が出来ておらず、結果として、何が原因で、何を改善するべきなのか、という事がわからないまま、なんとなく自分の経験則で行っている・・・一定の自費率で留まってしまっている要因の1つとして、このような事が挙げられるのです。ですから、この自費率70%セミナーでは、院長コンサルの「型」をいかに作るのか、という事を最重要と考え、どのような先生であっても一定以上の成果を上げられる「考え方・ツール・トークスキル」を具体的にご紹介させていただきました。

第一講座


第一講座では、スーパーTC育成塾。TCアドバンスなどの講師を務める萩原直樹より「マーケティング・ツール・準備」というポイントをお伝え致しました。自費率を70%にするためには、「新患(入り口)」から異なります。どのようなホームページを作成すると、自費治療のニーズがある患者様に来院いただけるのか、具体的なSEO対策なども含めてポイントをお伝えしました。

また、患者様が理解出来る説明をするときに欠かせないのが、「ツール」です。どのようなツールを準備し、そしてそのツールをどのタイミングで誰が患者様にお伝えするのか、という事をどの医院様でも実現出来るように具体的に紹介致しました。

また、院長コンサルの中でも複数歯の治療が必要な場合に、患者様自身が治療の必要性や重要性を感じ、そして自費補綴に繋げるツールの活用方法などを実際のコンサル動画をご紹介しながら、コンサルの具体的な方法も理解いただける内容となっております。

単なる画一的な説明ではなく、患者様のタイプ別にどのように説明することが重要なのか、今までのスーパーTC育成塾とは全く異なる観点での話となっております。

第二講座


第二講座は、元外資系生命保険会社外交員の山本峻士より「成約率を飛躍的に高める考え方とトークスキル」についてがテーマとなっております。
生命保険と歯科、一見すると全く異なる職種ではありますが、実際には契約前に「お試しができない」という事、そして契約後にも「実感が湧かない」という共通点があり、生命保険で得たセールスノウハウを、歯科のコンサルに落とし込み、実際に成果に繋げる事が出来ている内容を中心にお伝え致しました。
特に第二講座でお伝えしたことは「トーク」についてです。
トークの流れ、言い方、表現方法などを患者様目線でどのように伝えることが、自費の成約に繋がるのか、今までの弊社のセミナーでも全く公開してこなかった部分までお伝え致しました。

また、「自費率を飛躍的に向上させる」と聞くと、ついつい治療提案方法が大切なのでは、と思いがちですが、そんな事はありません。実際には、治療提案やコンサルに合わせて、初診カウンセリングやセカンドカウンセリングにおいても重要なポイントを抑えることで、より確実に成約に繋げる事が出来るのです。


もちろん、今までスーパーTC育成塾でお伝えした内容のままです。
「患者様のニーズをどのように把握し、そして治療に対するモチベーションをいかに上げることが出来るのか」
というポイントがどこにあり、どのような質問を投げかけるのか、そして話し方をするのか、という事を実際に、クライアント先で行っているカウンセリング動画もご紹介致しました。

また、第二講座では、院長コンサルの中でも特に全顎コンサルを中心にご紹介し、どのような話の順序でお伝えすることで、いかに治療に対する患者様の納得度を上げることが出来るのか、という事を具体的にご紹介しました。特に、患者様が思う問題点と、こちらが思う問題点をいかにすり合わせしていきながら、治療の優先順位を明確にするのか、という事が重要なポイントです。

それだけでなく、セールスで用いる「クロージング」という技術を用い、いかにスムーズに契約の締結を行うのかという事もご紹介しました。


歯科における自費率アップセミナーというのは、全国様々な内容があると思いますが、セールスの現場で使われる技術をここまで惜しみなくお伝えしているセミナーは他にはないと思われます。先生方にとっても今までの「歯科」という業界のみの考えとはまた異なるスキル、トークを具体的にご紹介致しました。

以上がチェア3台でも自費率70%セミナーの内容です。当日の学び、演習内容、動画、ツールなど、これらすべてを徹底的に院内で活用し、実践に取り組んでください。皆様の実践が成果につながることを楽しみにしています!!

top