岩渕への直接相談

2017年01月31日 自費率が伸び悩んでいる。ツールの問題でしょうか?

-------------------------相談内容-------------------------------------------
自費率が伸び悩んでいる。
現在、保険が月800万ぐらい、自費が月150万ぐらいです。
スタッフは常勤6人、Drは自分と妻が半日ぐらいです。

スタッフに実践会のスーパーTC育成塾にも参加してもらい、初診コンサル、セカンドコンサルまではしっかりやることができているが、スタッフに高いものを勧めたくないという意識があるからか、補綴コンサルをやっても増えていかない。

実は、TC育成塾に参加していない衛生士さんが凄い頑張って補綴コンサルをしてくれてるのですが、それが強引にお勧めするようなスタイルになってしまっているので、それも他のスタッフが補綴コンサルをやりたくない理由になってるようです。

補綴メニューも作ったがあまり効果がない。
ツールの問題でしょうか?

------------------------------岩渕の回答------------------------------------

ツールの問題ではないと思います。
補綴メニューをいかにキレイに作るかというのはそんなに重要ではありません。

それよりも、いかにしっかりとした補綴コンサルを数多くやるかが大事です。

現状の人員構成やスタッフの状況から考えると、初診コンサル、セカンドコンサルまではしっかりできているので、かなり良いのではないでしょうか。

スタッフの人員から考えて、初診コンサル、セカンドコンサルもやって、保険で80万点もの診療を行うのはかなり負担がかかっていると思います。

今の医業収入としてはかなり良いと思うので、あまり無理をしてそれ以上を求めるとスタッフに負荷がかかりすぎてしまい、かえってスタッフが辞めてしまう可能性が増してしまうと思います。


現段階でも、すぐに自費を増やしていきたいということであれば、院長先生自身が全顎的症例のコンサルをしっかりやるようにした方がいいかと思います。

後は、自己流だけど、補綴コンサルにすごく積極的なDHさんにスーパーTC育成塾に参加してもらい、正しいやり方で補綴コンサルを実施していただければ、かなり高い確率で自費も上がって来るかと思います。

今もスタッフはかなり頑張ってくれて、医院の経営的な状況はかなりいいので、スタッフにあまり負荷をかけすぎない形で少しずつ取り組んでいかれてはいかがでしょうか。

歯科医院経営24の成功手法

初めての方へ

岩渕への直接相談

コンサルタント求ム。

あなたの歯科医院経営無料診断コーナー

活性化の極意を知りたい方は今すぐ登録!

↓

月1回、最新情報と「岩渕マジック」をお届けします。誰も教えてくれない歯科医院 経営活性化の極意を教えます。登録無料!

↓

◆メールアドレス:


>> 詳しくはこちら


セミナー開催スケジュール

歯科界では異例の8千部の大ヒット!

歯科医院 地域一番実践プロジェクト

業界初!小説で学ぶ歯科医院 経営入門

経営の本なのに、読むのが楽しい!

無料小冊子配布中!

歯科医院経営活性化手法

歯科医院 経営活性化の秘訣とは?この小冊子を読めば分かります。

岩渕の新刊は赤本スタッフ版!

歯科医院 スタッフ道

業界初!小説で学ぶスタッフ教育本。院長ではなく、スタッフ自身が読んで、自分で気づき、自分で変わる本!

コーポレートサイト

岩渕龍正公式サイト

夫婦経営研究所