お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

マーケティングのテーマ別に表示

マネジメントのテーマ別に表示

無料直接相談する

医院の規模拡大に迫られ、ユニット増設のため2Fの自宅に増設するしかない。

相談内容

医院の規模拡大に迫られ、ユニット増設のための増築が必要。
現在は1Fが医院。2Fが自宅となっており、自宅に増設するしかない。
しかし、妻に反対されている。

現在、自分は50歳で、今後のことを考えると、今、やるなら決断しないと年齢的に手遅れになってしまう。妻は医院に入っていないです。

一応、1Fにスタッフルームと院長室があります。

岩渕の回答

これは非常にセンシティブな問題ですね。

単に自宅にチェアを増設するだけで良いのであれば、やれば良いんじゃないですか?という話です。

しかし、ここで無理して奥様の反対を押し切ってチェアを増設すると医院は伸びたけど、夫婦関係崩壊ということになりかねません。

根本的な問題は夫婦間の価値観のズレだと思います。
そのズレを放置したまま、自宅を壊してチェアを入れると関係性が悪化します。

ですので、先ずは1-2年ぐらいかけて夫婦間の価値観再構築に取り組まれることをオススメします。

そして、その間に1Fの院長室とスタッフルームに2台のチェアを入れる。
その2年後ぐらいに2Fにチェアを入れるという計画で進められるのが良いかと思います。

夫婦間の価値観再構築として、医院見学に一緒に行くのがオススメですね。
いきなり実践会のセミナーなどに一緒に参加しようとするとかえってミゾが深まりますので気をつけてください。

関連記事

top