お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

マーケティングのテーマ別に表示

マネジメントのテーマ別に表示

無料直接相談する

専業主婦で長年過ごしてきた妻とのこれからの医院経営の共通認識について

相談内容

夫婦経営について。専業主婦で長年過ごしてきた妻とのこれからの医院経営の共通認識について。たまに喧嘩をしてしまいますが、お互いの求めているところにすれ違いが出てきたため。やはり、会話の少なさが大きいと思います。

現在、自分がしている医院のことを幾らかでも教えて手伝ってもらう。
自分のやることが多すぎて、なかなか教える時間が取れないのが悩みの種。

長い間、医院のことにタッチさせていなかったのに、高齢になってから関わらせるこことに後ろめたさがあります。

岩渕の回答

これは比較的、難しいケースですね。
これまで、奥様が医院に全く医院に入らずに、50代後半を迎えると、既に医院はある程度、確立されてますし、資格や経験がない院長夫人が入るのは難しいです。

しかし、コミュニケーション能力が高ければ、TCとして医院に入ってもらうのが有効かと思います。しかし、今回のケースでは既に医院にTCがいますので、それも難しい。

となると、今すぐにどのポジションで入ってもらうかは未定でも良いので、奥様に医院に入る準備をしっかりと進めていくのが良いかと思います。

これまで、医院に入っていない院長夫人が医院に入るに当たっては、準備が大切です。今回のケースではその準備がかなり進んでいるということなので、後は二人で一緒にセミナーに参加するのが良いかと思います。

正に、「夫婦成功セミナー」「夫婦成功実践塾」に参加されることをオススメします。また、外部のセミナーに一緒に参加しながら、先ずは、

「5年後、夫婦がどのようになっていたいか?」
「5年後、どのような医院になっていたいか?」

共通のゴールをしっかり決めることが大切です。
そこが決まらないと、どこまで関わってもらうのかが明確になりませんので。

そして、その共通のゴールを明確にする中で、医院にどのように関わってもらうのか?医院の中でのポジションはどうするのか?を決めていっても遅くないと思います。

関連記事

top