お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

マーケティングのテーマ別に表示

マネジメントのテーマ別に表示

無料直接相談する

チェア6台、開業2年の医院での理想的成長曲線は

相談内容

>チェア6台(8台配管、2階建て2階に2台チェア)
>2年間経過(年間医業収入1億円前後)
>夜21時まで診療(日曜17時まで診療)
>
>当院のような規模と歴史の医院での理想的成長曲線は?

岩渕の回答

2年間で年間医業収入1億円を突破してるのは本当にすごいと思います。
しかし、今の体制は夜21時まで診療、日曜診療もやってますので、かなり利便性追求型の歯科医院です。

数をこなす診療で院長にも、院長夫人にも、相当な負荷がかかっています。
医業収入を上げるために頑張ることは大事ですが、今のままだと、院長の体も、家庭も心配です。

一番、心配なのは採用です。
衛生士の採用、歯科医師の採用が難しくなると思われます。

今後、規模を拡大していく上で重要になるのは採用になります。
採用を安定化させるためには今は、働きやすい職場にすることが欠かせません

この2年間で地域での認知度は高まったはずです。
診療時間を短くしても、新患数が落ちないだけの利便性以外の魅力を作り、
1.日曜診療をやめる
2.診療時間を短縮する
をされてみることをオススメします。

また、それと同時に数を追求する診療形態から質を追求する形態に路線変更さ
ることをオススメします。そのためにも、保険中心から自費中心の医院を目指してみてはどうでしょうか?

関連記事

top