お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

「歯科医院地域一番実践経営塾いよいよ今年も始動!」歯科医院地域一番実践経営塾 ベーシックコース第1回 開催レポート

「歯科医院地域一番実践経営塾いよいよ今年も始動!」歯科医院地域一番実践経営塾 ベーシックコース第1回 開催レポート



今年もいよいよ、経営塾ベーシックコースがスタートしました。
毎年、この第1回は本当にドキドキします。
実践会スタッフも皆、緊張気味です。

なぜなら、この第1回で1年間の経営塾がどんな雰囲気になるかがほぼ、決まってしまうからです。盛り上がるのか、盛り上がらないのか、それもこの第1回にかかってる部分が大きいのです。

今年はどんな第1回になったのか?
そして、今年はこの経営塾でどんなドラマが繰り広げられるのか?
今から、楽しみです。

経営塾ベーシックに参加される方の中には物凄い意気込みを持って参加されてる方も多くいらっしゃいます。中には開催1時間前には会場前で待たれてる方もおり、開場と同時に受付には長蛇の列ができてしまいます。

そして、昨年から継続参加されてる方の中には、「今年こそ、リーダーをやるぞ!」と気合十分な方も多くいらっしゃいます。

第1講座

いよいよ第1講座のスタートです。
今年は例年以上に、第1講座に力を入れてお伝えしました。
・経営塾参加の目的
・成功の三条件+1
・この1年間で経営塾で得たい結果
これらをしっかりと経営塾メンバーに伝えることで、「分かってるけどできてなかったこと」を認識していただきたかったのです。

なぜなら、今までと同じ事をしていたら絶対に同じ結果以上にはならないからです。






そうしましたら、今年は東京開場では過去最多といっても過言ではない、29名もの方がリーダーにチャレンジしてくださいました。

本当にうれしかったです。ある年はリーダーの人数ギリギリの11人しか立候補がないときもあったからです。

リーダー候補の方のスピーチも素晴らしかったです。年々、しっかりとしたメッセージを伝えられる方が増えてるように思います。

また、今年の特徴としては男性の院長先生、勤務医の方がリーダーにチャレンジする方が多くいらっしゃいました。

それは本当に素晴らしいことです。
なぜなら、経営塾のチームはヴァーチャルな医院だからです。

特に、勤務医の方がチームでリーダーシップを発揮できるようになることは勤務先の医院でもリーダーシップを発揮できるようになるための最高のトレーニングとなるのです。

今年のベーシックではうれしいことがありました。それは、リーダーではない方が他のチームの人数調整に積極的に動いてくれたことです。

いつも、このようなメッセージを発信しているのですが、そのように動いてくれる方は本当に少ないので、継続して参加されてる方のリーダーシップが磨かれてることを実感する瞬間はとてもうれしいですね。

チームが決まったら、ネームトスでアイスブレイクをして、相互の信頼関係構築に入っていきます。初回から、チームがとても盛り上がってくれたことがうれしいです。

お昼はもちろん、チーム全員で課題に取り組みながら召し上がっていただきます。

これからのチーム作りについて、メンバー同士で熱いディスカッションが繰り広げられています。

第2講座






ベーシック第1回のゲスト講師は東京都八王子市開業 医療法人社団CSDS ななくに歯科 院長 深沢宗主先生です。

実は、私、深沢先生とは勤務医時代からのお付き合いなのです。

私が前職の船井総研時代にコンサルしていた医院で勤務されていたのです。

当時はまだ、これほど、独特なヘアースタイルでも、独特な考えを持ってる先生ではありませんでした。それが、あれから、わずか数年でここまで成長されることになるとは思いもよりませんでした。

あの当時から深沢先生は必死に頑張っていました。
勤務されていた医院について納得の行かないことも一杯あったと思います。
しかし、その経験が今の独特な全てにつながっているのです。

完璧な人がいないのと同じように完璧な医院もないのです。
もし、あなたが勤務医として今の医院に疑問や不満を感じるとしたら、それはそれを学びとし、原動力にすれば良いのです。

私もそのようにして、今の自分の会社作りに生かしているのです。

今回の講演の中でのお話は恐らく、普段、医院でスタッフに話してることが多く含まれていると思います。どんな話かというと・・・
「これからの日本はどうなっていくのか?」
「そうなると、これから若い女性はどんなことを考えて、どんなことをしたらいいのか?」
「じゃあ、今、目の前の仕事にどんな風に取組んだほうが良いのか?」
そんなお話なのです。

目の前の仕事をどうするか?
ということではないのです。

女性スタッフはどうしても局所的視点、短期的視点に偏りがちです。
そのような視点を大局的視点、長期的視点で見れるようにトレーニングしているのです。

「そういう大きな視野でモノを見たら、どうなるかな?」
と色んな取組みの中で問いかけているのです。
そして、そのような大きな視点で見たときに、今の自分の医院をどうして行くのかを考えて行動されてるのです。

だからこそ、他の医院とは違う、独特の医院が出来上がるんだと思います。
あなたは普段、スタッフにどんなことを問いかけていますか?
その問いかけの答えが日頃のスタッフの言動となって現れてるんだと思います。

第3講座

第3講座は「マーケティング力を強化する」というテーマで岩渕がお話いたしました。
経営とは何か?
私は2つだと思うのです。
1つは、マーケティング
2つめは、マネジメント

この2つをしっかりやっていれば、本来、歯科医院経営は安定化するのです。
しかし、大半の医院では治療ばかりを一生懸命、やってマーケティングとマネジメントは後回しになってしまっています。




どちらが大事か?
という議論に意味はありません。なぜなら、両方、大事だからです。

じゃあ、マーケティングって何すれば良いの?
ということで具体的な取り組みを岩渕がお伝えしました。

大半の医院が来た人にだけ、一生懸命なのです。
しかし、大事なことは「まだ来たことがない人に対して医院のこだわり、コンセプトを伝えていくこと」なのです。

これをしなければ、いつまで経っても、一週間後のアポイント帳を見たときにアポが空いてるとイライラしてしまう状況を脱することが出来ません。

そのような見込み患者さんを育成するための活動が99%の医院では5つも取組まれていないのです。うちの会社であれば、この見込み客作りに物凄いお金と時間と労力をかけているのです。

この見込み客作りに先ずは、もっと多くの時間とお金と労力を投入していくことが重要なのです。

今年のエールも盛り上がっております。
各チームが事前に練習し、全力のエールをきってくれていました。

懇親会

今年の懇親会も大いに盛り上がりました。
第1講座でお伝えした「どうしたらも、もっと良くなるか?」に焦点を当てた話し合いが行われていたようです。

そして、既にチームメンバー同士の絆がそこには生まれだしていたのです。

「歯科医院地域一番経営塾ベーシックコース」第1回に
参加した方の感想文

上記のような濃密な時間をすごした参加者ですが、まだ参加したことがない方からすれば、「それで実際に参加者はどう思ったの?」「本当はどう思ってるの?」と思われてる方もいらっしゃると思います。

ですので、実際に参加した方の感想文をほんの一部ではありますが、ご紹介します。

長野県 鴨居歯科医院 歯科助手 熊谷 綾乃様

初めてベーシックコースに参加させて頂くにあたり、今日はとても緊張していました。前日までに先輩方に引継ぎをして頂き、ドキドキとワクワクした気持ちで今日を迎えました。会場に入った時に岩渕さんを始めとした経営塾のスタッフの皆さんとハイタッチをしたり、スタッフの方の笑顔での対応に少し緊張がほぐれました。チーム決めでは、素晴らしい仲間と出会うことができました。自分の選択によって「縁」が生まれ、これから一緒に成長していく仲間ができたことに心強く感じています。これから大変なことも多いと思います。岩渕さんのお話の中で「大変なことがあるから成長できる」という話がありました。1年間を通して、大変なことを乗り越え、ぐんぐんと成長し、1年後には今日と違った自分い出会えることを楽しみにしています。1年間よろしくお願いします。

H県 A歯科 勤務医 O.R様

今回このようなセミナーに参加させて頂き、ありがとうございました。
ただ単に歯科医師として経済的は成功を得る考え方ではなく、今後の人生を豊かに送るための原理・原則といったものを学ばせていただきました。また、他医院の方々との交流を通じて、自分の働かせていただく医院を客観的な視点で見ることができ、大変勉強になりました。セミナーのタイトルにもあるように、頭の中で考えるだけでなく、実践するということがいかに大切であるかということを改めて実感しました。

O県 K歯科 歯科衛生士 H.A様

今までの自分自身の行動を改め直すことができました!
72時間以内に行動することが本当に大切なんだと思いました。午前に学んだことが午後に振り返ると「そうだった!」と思うことが多く、メモをとること、行動、復習をすることの大切さを実感しました!
話を聞いているとどんど引き込まれていく自分がいました。この気持ちが冷めない内に、どんどん行動していこうと思います。スタッフ内での成長は医院の成長だと強く思いました!

O県 Kデンタルクリニック 歯科助手 K.T様

歯科医院が発展する為には、スタッフ一人ひとりのモチベーションが大切な事なんだなと思いました。幸せな生活=自分次第である事。自分が頑張った分だけ、将来の自分に返ってくるんだと思いました。私の医院でも、なんでもスタッフみんなで相談して決めていきます。色々な意見を出し合い、日々反省しています。役職は関係なく、ダメなことはダメだと言い合っています。でも深沢先生の講演を聞いて、スタッフさんのモチベーションの高さ、院長とスタッフの関係が素晴らしかったです。そんな関係を築けるような職場にしたいと思いました。今マニュアル作りに取り組んでいるのですが、先が見えない量に困惑しています。でも「宿題と思っていない」という深沢先生はおっしゃっていましたが、そんなモチベーションに驚きました。正直大変だなと思ってます。大変だけど、やりきった時は感動するんだろうなと思います。

歯科医院地域一番実践経営塾2013ベーシックについて詳しくはこちら

top