お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

【開催レポート】歯科医院地域一番実践経営塾2016 アドバンスコース第2回

医院を仕組化することにより院長がいなくても回る医院を実現した院長は何をしていたのか? アドバンスコース第2回 開催レポート

経営塾アドバンスコース第2回のテーマは「マネジメントの精度を上げる」と「勤務Drの採用・教育・育成」でした。
今回も全国から日本トップクラスの医院さんが集結しました!



アドバンスメンバーの多くの医院は長年、経営塾に参加されてる方が多く、会場に入ってくるとたくさんの仲間がいます。

だからこそ、入場時も元気に、笑顔で入ってこられます。

アドバンスメンバーの中でも、事故にあってしまう方がいたり、病気になってしまう方、親族が病気になってしまった方など、様々な経験をされています。

そのような経験を自分自身がしたり、身近な経営塾メンバーが体験してるのを見ることで多くのアドバンスメンバーが仕組み化を実現するべく、取組んでおられます。

アドバンスのチームはベーシックと違い、そこまで燃えてる感じではありませんが、各医院の課題を達成するためのチームに所属しているので得られてる刺激・情報・成果は大きくなっているようです。

第1講座




アドバンス第2回の第1講座は
「実践事例の紹介と解説」です。

私がこの実践事例の講座を担当するのは2012年以来4年ぶりです。

アドバンスメンバーの実践事例は記入量はそこまで多くなく、あっさりとしてることは確かです。

しかし、その実践の内容が斬新で、レベルの高いものが多いです。

さすが、アドバンスだなと思わせる実践事例は多く、参加医院のレベルを引き上げると思います。

こうしてアドバンスメンバーの医院が相互に高いレベルの実践事例を共有し合うことがアドバスメンバーから年間医業収入3億円以上の医院が続々と誕生してる理由だと思います。

最近は日本全国で採用が難しくなっており、歯科衛生士だけでなく、歯科助手・受付も採用できない状況です。

その状況を反映してか、アドバンスメンバーの実践事例には採用に関するものが非常に多くありました。

また、経営塾も今年で15年目を迎えますのでお子さんへの継承に関する実践事例も増えてきました。実践事例を読むことは私自身にとっても学びが深かったです。

お昼休み


経営塾アドバンスのチームはそれぞれの医院の課題ごとに設定されてます。今年のチームはマニュアル作成、教育カリキュラム、採用、自費率UP、分院展開となってます。

アドバンスメンバーは自費率UPへの意識が高いのか、自費率UPチームが3つもあります。

アドバンスは最初から終始和やかな雰囲気で正に大人のサロンという感じです。

第2講座




アドバンス第2回のゲスト講師は医療法人社団裕正会 元理事長 渡部 憲裕 先生でした。

渡部先生は日本でも数少ない、院長がいなくても回る歯科医院を実現し、ご自分の医院を売却された先生です。

しかも、1医院ではなく、医院を9医院も展開され、年間医業収入9億円のグループを築き上げられ、その医院全ての売却を実現されたという稀有な先生でいらっしゃいます。

正に、アドバンスのテーマである「院長がいなくても回る歯科医院」を実現されてるのです。

そのための秘訣を講座の中では教えていただきました。私も非常に興味があるテーマでしたので、質疑応答の時間では私からも質問させていただきました。

これからアドバンスメンバーの中でも、継承や医院の売却を考えていく先生がいらっしゃいますので、非常に大きな学びになったと思います。

第3講座






第3講座は「マネジメントの精度を上げる」と「勤務Drの採用・教育・育成」です。

マネジメントだけではありませんが、全ての取組には精度があります。

同じやっているのでも、その精度の高さによって結果が違ってくるのです。

例えば、採用活動でも単に求人票を出しているのと、医院の採用パンフレットを添付しているのと、実習先になっているのでは全然、結果が違います。

そこから医院の見学に来た採用候補者に対しても、普通に見学してるだけなのと、見学担当者がついて医院の案内をしているのでは全然、違うのです。

特にマネジメントにおいてはその1つ1つの精度の高さが結果に直結してきます。

その精度の高さを高めるために、マネジメントチェック表という実行度合いを測るシートに10分間でセルフチェックしてもらい、この1年でどこまでの段階に精度を高めるのか、そのために何をするのかを決めていただきました。

そして、アドバンスメンバーには最大の懸案事項ともなる「勤務Drの採用」ですが、やはり、最終的にはつながり採用が一番という結果になっています。

また、これまでアドバンスでゲスト講師をしていただいた大規模医療法人を経営されてる院長先生も大半が新卒からの採用・教育・育成にこだわっておられました。

それが強い組織を作っていくために欠かせないということなのだと思います。

そして、医業収入だけの歩合を止めるということが必要だということもお伝えし、じゃあ、どのような評価をすればいいのかについてもお伝えしました。

今回の講座をきっかけにして、更に強い医院が誕生することを楽しみにしています。

歯科医院地域一番実践経営塾2016アドバンスについて詳しくはこちら

top